ミシンレビュー!JAGUAR KC-230を購入したので口コミを書く!

くらし

こんにちは。

新年を迎え、新たな挑戦に挑みたい気持ちがふつふつと湧き出す今日この頃。

初売りで気合の入ったディスカウントストアにて、
お年玉価格で限定販売されていたJAGUARのコンピューターミシンを、何も考えずに即購入しました!!

ばーーん!!

ジャガーのコンピューターミシン!
KC-230

今年こそは、溜まった生地を活用するぞー!
(↑可愛い生地だけ買って満足する人)

と、気合いは十分なのですが、
まずは肝心の使い勝手の方を、辛口チェックしていきたいと思います。

 

スポンサーリンク

付いている機能

KC-230の付属品

付属品

・説明書・取扱説明書DVD
・ミシン針#14×3本
・ボビン3個
・補助糸立て棒
・糸ゴマ押さえ2個
・リッパー・ミシン用ドライバー・針用ねじ回し
・ダーニングプレート
・押え5種
・フットコントローラー
・本体カバー

ざっとこんな所でしょうか。
最低限の必要な物が入っているので、買い足すものは糸くらいだと思います。

押さえの種類

同梱されている押えの種類です。

  1. ダーニングプレート
  2. ボタンホール押え
  3. ファスナー押え
  4. 隠し縫い押え
  5. ボタン付け押え
  6. 端縫い押え
  7. 標準押え(ミシンに付属)

 

取り扱い説明書も公開されています。(ジャガーミシン KC-230.pdf)

開けるよー!

いざ!オープン!!

段ボールを開けるとすぐに説明書や使い方のDVDが入っています。

中身がピッタリと入っているので、取り出すのに少し苦労しました。

家電あるあるだなー

中身の発泡スチロールを取る際も、本体を横に倒すと取り出しやすかったです。が、倒していいものか不安だったのであんまりオススメはしません。

 


ふと横を見ると、ミシンが入っていた箱に入る娘の姿が。箱があると必ず入りたくなるんだそうです。
そんな彼女のクリスマスプレゼントもミシンでした。笑

 

 

こまごまとした付属品は補助テーブルの中に入っています。

 

本体用カバーが付属

こちらの製品、ハードケースがないので、ミシンを使わないときは段ボールに収納しようかなーと考えていたのですが、、
申し訳程度に本体用のカバーが説明書と一緒に入っていました。

あるじゃない!

これで埃が積もる心配はありません。
雨合羽のような素材で触り心地が良いです。

 

難点

小さな子どもがいる家庭で、ソフトなカバーだけでは少し危ないかなー…という印象。すぐに押し入れ等に収納すれば問題ないですが、リビングの片隅にミシンを出しっぱなしにしちゃうタイプの人は、キルト等で分厚いカバーを自作するのも良いかもしれません。

 

タイプ垂直釜だ!

ミシンには水平釜と垂直釜があります。

垂直釜の特徴

・ボビンケースが必要
・下糸調子を自分でとる

 

\詳細はこちらをご覧ください/

ミシンの垂直釜と水平釜はどう違う?使いやすいのはどっち?
こんにちは。 家庭用のミシンには下糸(ボビン)を入れる釜がありますが、基本的に垂直釜と水平釜の2種類があります。 この垂直釜と水平釜、 どんな違いがあるのでしょうか? それぞれに違ったメリットがあるので、ミシンを新調する...

 

今回購入したKC-230は垂直釜タイプでした。
(見るまでチェックすらしなかった…。)

 

垂直釜というと少し苦手意識を持つ方も少なくないかもしれませんが、こちらは半回転式なので、全回転よりは扱いやすいと思います。

下糸の調整等が必要ですが、説明書にも分かりやすく手順が書いてあるので初心者でも簡単!安心してセットすことができますよ。

 

ちなみに

型番が少し違う『KC-220』は水平釜が搭載されているようです。

 

ゆっくりすすむ機能

意外と重要なのが『ゆっくりすすむ』の機能。

『ゆっくりすすむ』のスイッチを押している間だけ針がゆっくりと進みます。

  1. 直線は普通のスピードで縫い進め
  2. 角に差し掛かったらボタンを押してゆっくり縫い、
  3. 角を過ぎたらボタンを離して普通のスピードに戻す。

という風に瞬時に切り替えることが出来ます。

他のスイッチもシンプルですが分かりやすい配置となっているので誤動作も少ないのではないでしょうか。

 

フットコントローラー付き

手元でも簡単に操作が出来るのですが、なんと嬉しいフットコントローラーも付属しています。

両手を使いたい人、手元のスイッチ操作が苦手な人には嬉しい付属品ですよね。

少しだけタイムラグがある(気がする)ので、精密な裁縫をする場合は手元のゆっくり縫いを活用するなど切り替えて使うと良いですよ。

フットコントローラーを繋げたまま手元スイッチを操作することが出来ないので、切り替える場合はプラグを抜く必要があります。

縫い目は29種類

目的に合った縫い方が出来る

飾り縫いも合わせると全部で29種類のパターンがあります。

多すぎず、少なすぎず、ちょうど良い感じー

どんな生地にどういった縫い方が合うのか、
模様に合った縫い目の長さ・ふり幅などが、一覧として説明書にも分かりやすく記載されています。

飾り縫いをご紹介。

試しに飾り縫いをいくつか縫ってみました。

けっこう良い感じーー。

ハンカチの縁や襟元などを想定した飾りが多いですよね。
組み合わせて使用することも出来るようなので、飾り縫いのバリエーションもさらに広がりそうです。

最初にダブルガーゼが手元にあったので試し縫いをしたところ、少し模様が崩れてしまいました。
※説明書にもしっかりと、薄い布には和紙や接着芯を敷くように注意書きが書いてあります。飾り縫いを行う場合は、必ず同じ布地で試し縫いをされてください。

使用した感想

さて、最後の最後で使用してみた感想です。

私は他にも水平釜のミシンと垂直釜(全回転)のミシンを保持しているのですが、今回購入したミシン(KC-230)が一番静かでした。

 

他のミシンは常々うるささを感じていたので、KC-230が余計に静かに思えたのかもしれません。

 

糸通しが付いていますが、針が上に上がっていないと動きません。
(最初壊れているのかと思った…)
糸を引っ掛けるのも少し難しく使いづらいので△かなー…といったところでしょうか。糸通し自体、おまけのようなものなので、あるだけラッキーなのですが(^^;

 

少し上位機種(KC-320~)になるとワンタッチでできる糸通しがついています。

 

フットコントローラーも、いい物に比べると少し劣りますが、この値段でフットコントローラーついてくるならそりゃそうだよね、と言った感じ。
家庭で使う分には全く問題ないと思います。

 

まとめ

今回はディスカウントストアにてお年玉価格で購入したJAGUARのミシンKC-230のレビュー的なものを書いてみました。

 

機能もシンプルでフットコントローラーも付属している。おまけに比較的静か。

安かろう悪かろうになってしまうかなーと思ったのですが全然そんなこともなく、私の中では良い買い物だったと思います。

ミシン選びに迷ったら、とりあえずいろんなミシンを見てみる!
そして自分にはどんな機能が必要か?を考えてみると良いかもしれません。

 

というわけで、私の今年の目標は、

縫って縫って縫いまくる!
溜まった生地の消費と新しく買ったミシンを活用するよー!

 

おわり

タイトルとURLをコピーしました