中古の石油ストーブが発送できずに困った話

副業

こんにちは。

先日、灯油を燃料とするストーブを郵便局から発送しようとしたところ、

「未使用しか引き受けできません!」

と言われ、なくなく持ち帰る羽目になりました。

普通は発送する前に確認しますよね…。ですよね…。
引火性のあるものでも、陸送だと引き受けてくれることもあるので完全に油断していました…。

もしかしたら私と同じように、石油ストーブが送れなくて困っている方もいるかと思いますので、今回は私と石油ストーブの発送ドキュメントをお送りしたいと思います。
スポンサーリンク

中古の石油ストーブを発送する方法

石油ストーブを発送できる一覧です。
(※ひらこ調べ)

発送元 未使用 中古
郵便局
クロネコヤマト
佐川

たとえ未使用品でも、開封されていると引き受けてもらえない場合もあるかもしれません。

 

郵便局とクロネコヤマトは未使用のみ

郵便局とクロネコヤマトは、石油ストーブなどの引火性のある商品に関しては未使用品のみ引き受け可能とのことです。

一度でも灯油を入れて使用してしまうと、
たとえ空焚きをして中身を空っぽにしようが、
梱包をがっちりと固めようが、
引き受け自体してもらえません。

 

ごねてもダメなんだ

インク等の引火性のあるものは陸送で引き受けてもらえるのですが、灯油を入れて使用するものに関しては、陸送でも配送することが出来ないんだそうです。
引っ越しなどはどうするんだろう…と疑問になりましたが、そこまで聞けませんでした。保険の関係とかあるのでしょうか

 

佐川急便が引き受け可能

中古だろうとなんのその。
私が問い合わせた中では唯一引き受けてくれたのが佐川急便でした。救世主!

問い合わせた際に、

  • 中身(灯油)は入っているか
  • 箱に入っているか

を聞かれたので、
空焚きや梱包をしっかりと行い、引火性を限りなく低くしておくとスムーズに引き受けてくれるかもしれません。

 

とりあえず問い合わせてみる

今回、発送が出来ない!となったときに、急いでネットで発送できる方法がないかを調べたのですが、「中古でも空焚きがしてあればヤマトで送れた」とか、「中身が漏れないように梱包をしていれば大丈夫」といった意見もありました。

オークションなどを見ても、出品されている石油ストーブがゆうパックでの発送となっていたりするので、もしかしたら発送できる方法があるのかもしれません。

しかし、私が郵便局とヤマトに問い合わせると、未使用しか引き受けできません。とのことだったので、自分で問い合わせてみるのが一番早いように感じました。

 

番外編・空焚き

ストーブの空焚きとは、中に入っている灯油を完全に使いきる方法です。

灯油がなくなるまでずーっとひたすら燃焼させておきます。
このとき、芯を目いっぱい出し、自然に消化したら完了です。

基本的に燃え尽きるのを待つだけなので難しいことはないのですが、燃焼に掛かる時間は何時間とかかるため、時間に余裕のある日に行いましょう。

 

 

タイトルとURLをコピーしました