webで開きたいのにアプリが開いちゃうときの対処法

役立つツール

こんにちは。
スマートフォンでアプリを使用していると、WEB(safariやchrome)でページを開こうとしても、自動的にアプリが起動される現象があります。

この機能が便利なときもあれば厄介なときもありますよね…。

今回は、そんな現象の対処法です。

 

スポンサーリンク

WEBで開きたいのにアプリが開くときの対処法

検索から流れ着いてこの記事を読んでいる方はお急ぎだと思うので、対処法をサクッと書いておきます。

新しいタブで開く

開きたいサイトをsafariやchromeなどのブラウザで検索します。
検索結果で出来てたサイトのタイトル(リンク)を長押しすると、プレビューと同時に機能がでてくるので『新規タブで開く』をクリックしてサイトを開きます。

これだけで、アプリが起動せずにサイトを開くことができます。

タブの開き方

  1. safariなどのブラウザで検索
  2. サイトのタイトル(リンク)を長押しする
  3. 『新規タブで開く』をクリック

 

アンドロイドも、リンクの長押しで『新しいタブで開く』が出ると思います。
(手持ちのアンドロイドがタブレットしかないのでスマホでは未検証です。タブレットでは検証したけど、そもそもアプリに飛ばされなかったので設定かな~。あやふや~で申し訳ないです。。)

逆にアプリで開きたい場合

iPhoneを使用している場合
上記では、ブラウザで開くとアプリが起動されていたのを『新規タブで開く』ことによってそのままブラウザで表示されるようになりました。

しかし、一度新規タブで開くと次回からもアプリではなくブラウザでの表示となります。

ブラウザで検索したサイトを、再びアプリが起動するように戻したい場合は、ブラウザの検索結果に出ているサイトのタイトルリンクを長押しし、『(サイト名)で開く』をクリックします。

すると、開いたサイトはアプリで表示され、その後もブラウザで開くと自動的にアプリが起動されます。

アプリの開き方

  1. safariなどのブラウザで検索
  2. サイトのタイトル(リンク)を長押しする
  3. 『○○(サイト名)で開く』をクリック
あらかじめダウンロードされているアプリに限ります。
スマホ内にアプリがない場合は起動されません。

 

その他設定があるのかも

今回ご紹介した方法以外にも設定等で、ブラウザで検索した場合にアプリを起動しない方法があるかもしれません。
とくにアンドロイドのスマホの場合は設定があるようです。

そんな設定をしなくても出来るんだよ、ということで
参考になれば幸いです。

 

タイトルとURLをコピーしました